Fishing Boys Forever        However...

酒とべスパと中南米(釣りも!)をこよなく愛するアンクルキィヲの怠惰でアグレッシブな日記。でも時にはセンチメンタルな時もあるかな?でもまぁいいや。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ただいまー

IMG_5670.jpg
 「そよ風号」に空気を入れた。 今回は「白い恋人」ではなく、そよ風スタート



友人に「お家に帰るまでが、遠足です。」と言われた。



「遠足」いい響きだね。


CUSCO-JAPON (46)   CUSCO-JAPON (41)


成田到着後、なんとか沢山の友達に会えて、大変よかった。

CUSCO-JAPON (29) IMG_5606.jpg CUSCO-JAPON (27)
見送り、出迎えの両方に立ち会ってくれたF関連の空良さんなんて都内まで送ってくれて、ほんと申し訳ない。 そして有難う。

宿が山谷に近かったので、空良さんと浅草で待ち合わせした、その他の友達とも合流できるかと思ったが、仕事で無理だった。残念だったが、帰国草々美人とさしで飲むのは優雅なことだ。

青春の1ページ、浅草の大衆酒場で口にした日本の味にはしばし目を伏せてしまった。

もう、18年も昔なのでずいぶん風景は変わってしまったが、浅草、吉原の思い出がよみがえった。 

山谷のオジサン達に駄菓子屋のあばちゃん、吉原のねぇさん方、オカマバーの面々、うだつの上がらないヤクザ達、鳶の親方、イラン人達、家出少女、タイの女の子達、ヒモなど・・・

あんときも生々しかったな・・・ みんな生々しく、熱く生きていた。

CUSCO-JAPON (26)
 明日のジョーでゆうめいな山谷の「泪橋」は閑散としていた。不況なのです・・・昔、朝まで飲んで、吉原のねぇさんとオカマバーのママと立ちつくした街角である。たくさんの日雇い労働者を見送ったものです。

そんな、ほとばしるような台東区の暮らしだった。

翌日、2003年に中米とカナダで会ったまみちゃんとお茶した。 当時21歳、今は26歳の母である。 「そりゃ歳も食うわ」と笑いあった。 相変わらず、賢くポジティブな彼女は、英語圏に移住計画を立てている。 色々現実的な問題もあるだろうが、成功させて是非幸せになってほしい。 彼女は外の世界を知っている人間だ。 海外で幸せに暮らす権利があることを。  日本で平等に苦しまなければ認められない日本じゃなくて。

CUSCO-JAPON (24)   CUSCO-JAPON (25)


夜はイースター島仲間のエリーさん、ナミちゃん、輝くんと合流。
ナミちゃん家にてシャブシャブを食べた。

最高・・・

イースター島のあの風景を共有した仲間達。 貴重なことですよね。

時差ぼけと疲れでそのまま撃沈。

CUSCO-JAPON (21)
写真はエリーさんですが、「撃沈」したのはオイラです。

翌日はアルゼンチンのウシュアイア、エル カラファテ、ブエノスアイレスで一緒だった自称「さわやかネガティブ」こと、センちゃんとビリアード&カラオケで「さわやか」に過ごした。

CUSCO-JAPON (20)   CUSCO-JAPON (19)
ビリアードは勝ったものの、カラオケのほうは完敗です。 めちゃうまかった・・・・・センちゃん

やはり彼は好きだ。  

一見地味な彼。  

いや、言うことも、やることも、見かけも地味系なのだが、なぜだろう、理知的で、理解力があり、自分を卑下しながらも人を勇気付け、安らぎを与える男なのだ。 

「ネガティブ」といいながらも、他人に安らぎを与える「癒し系」の男。  

地味だけど、「太い男」を感じるのでした。

その夜、コロンビア仲間のミキくんアキちゃんカップルのお家に転がり込む。 

CUSCO-JAPON (18)


気持ちのいい、「さわやか変態」なカップルなのだ。 
デルタ航空でもらった「赤いアイパッチ」とピチピチキャミソールで盛り上がった。  こう書くと伝わりにくいんやけど、ほんと爽やかでかわいいカップルなのです。

CUSCO-JAPON (12)


翌日はブラジルのナヲ様とも合流。 彼女をミキくんカップル家に連れ込んで飲んだ。 どちらも素敵な人たちなので紹介もしたかったのだ。

CUSCO-JAPON (9)   CUSCO-JAPON (11)


みんな気さくで気持ちの良い人々。

みんなそれぞれの「今」を生きている。


僕は彼らの「思い出の地」から帰ってきた最後の人間かもしれない。



これからもしっかりアンテナをはって生きていこう。




IMG_5668.jpg
新宿から高速バスで京都に向かったら、メキシコ人カップルが乗っていた。かれらも京都に行くという。 
スペイン語を話す自分になぜか違和感を覚えた・・・不思議だ。


早朝、京都に到着。

[ただいまー]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/06/04(水) 17:36:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

プロフィール

キィヲ

Author:キィヲ
実験ライフにようこそ!

チャレンジだ!

冒険だ!

てか、リスクばっかじゃん(笑)

まぁ、ボチボチいきますわ・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

酒とべスパと中南米

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。